タイムカードでは不正を防げないの?

main-img

タイムカードでは、不正を防ぐことは難しいと言われています。

それはなぜでしょうか。よくある不正としては、仲の良い社員同士で、お互いのタイムカードを打刻しているというケースがあげられます。

どちらかが遅刻をしてきても、時間内に出勤をしていたほうが2人分のタイムカードを打刻してしまうので、記録上は遅刻をしていないことになります。

今、最も注目を集めるガジェット通信は無限の可能性に満ちあふれています。

管理者がいつも見張っているわけにはいかないので、この不正は防ぐことが難しいという意見があります。


この対策としては、タイムレコーダーを職場からよく見えるところに置くということがあげられます。
また、社員に1人分しか打刻しないように指導をして、2人分を打刻している人を見かけたらすぐに報告をするようにと教育しておくことで、いくらかは防げるでしょう。
監視カメラを設置するという対策もありますが、コストがかかるので、それならば勤怠管理システムを導入したほうがよいかもしれません。



また、女性の社員で多いですが、仕事が終わった後も同僚同士でおしゃべりをして時間をつぶしているということがあります。2時間、3時間くらい遅くタイムカードを打刻していると、まるで残業をしているような記録が残ってしまいます。
それが1年、2年と続いて、裁判を起こされてしまったら、タイムカードが証拠となって負けてしまい、多額の残業代を支払わなければならなくなる可能性があります。

この不正も、きちんと指導をすることでいくらかは防げます。
しかし、完全に防ぐということはやはり難しいかもしれません。

これからの時代は、不正をしにくい勤怠管理システムが主流となっていくという予想があります。



科学についての考察

subpage01

タイムカードを導入すれば、勤務時間がより正確になり記録として残り、働いている証拠として使うことができます。また、給料の計算にも使用することができるので、仕事の面で大きく貢献してくれます。...

more

科学の情報まとめ

subpage02

従業員が数名のような事業所の場合、勤怠管理は難しいことではありません。しかし、数十名規模になりますと、人が勤怠管理するのではなく、ある程度の仕組みを利用した方が効率的ですし、確実な管理ができることになります。...

more

読めば解る

subpage03

現代社会はほとんどのものがIT化されているIT社会です。それはどの分野においても例外でなく、仕事した時間を記録するタイムカードも電子化しているところが多いです。...

more

科学の基本知識

subpage04

アルバイトやパート、社員が働き始める際、出勤したことを示す証拠として、タイムカードシステムの利用はオススメとなります。他にも、休憩時間を計る、退勤時間を証明するためのものとして利用できます。...

more