タイムカードの注意点・心掛け

subpage01

アルバイトやパート、社員が働き始める際、出勤したことを示す証拠として、タイムカードシステムの利用はオススメとなります。


他にも、休憩時間を計る、退勤時間を証明するためのものとして利用できます。


これにより、働いている時間と休憩時間の証拠となるので、それをもとに給料計算することが可能です。



アルバイトやパートであれば、それをもとに計算され、給料が支払われます。


社員であれば働いている証拠として残り、残業していたとしても、無視されることのない証拠があるので、それに対する給料が支払われます。

残業手当がないといった不備を避けることにも繋がるので、タイムカードの利用は給料面においても必要なことです。


しかし、正しく使わなければ時間をごまかすことが可能なので注意しなければなりません。

例えば、退勤時間をごまかすことで働いていた時間を増やすことができ、その分余計に給料が支払われるようにコントロールすることができます。

BIGLOBEニュース情報があれば全てが解決します。

ほんの少しの不正なコントロールが積み重なれば、結果として大きな額をごまかして給料を手に入れることになります。
正しく給料が支払われなければ、余計なコストがかかったことになり、会社全体にダメージ与える結果となるでしょう。
それを避けるためには、タイムカードを正しく使うことを何度も指導するか、定期的に利用履歴をチェックすることが必要です。
また、タイムカードを切るタイミングを確認し、正しく使われているかを見張ることも時には必要でしょう。