タイムカードの使い方に注意

subpage01

タイムカードを導入すれば、勤務時間がより正確になり記録として残り、働いている証拠として使うことができます。また、給料の計算にも使用することができるので、仕事の面で大きく貢献してくれます。
ただし、使う際には注意しなければならない点がいくつかあります。

まず、タイムカードを切らなければならないので、各自が忘れないようにしなければなりません。



これは、勤務する際の習慣として取り入れるまで意識して切り、忘れないようにと考えておくことが必要です。もし忘れてしまえば、後で計算して自分で記入しなければならなくなることもあります。


だから、出勤した瞬間、すぐそばにタイムカードをセットしておき、まずカードを切るという環境を整えておくと良いでしょう。

これによって正しく勤務時間を証拠として残せるようになります。


次に、タイムカードによって給料計算される場合は、正しい時間にカードを切るようにしなければなりません。
ほんの少しでも時間が過ぎてしまえば、その分が給料として反映される時間になる可能性があります。


これでは、余計に給料を支払うことになり、会社側が損することになります。



そして、これを意図的にする人も出てくる恐れがあるので、正しく使えているかチェックすることを忘れてはいけません。

あなたに合った条件の産経デジタル情報ならこちらをご利用ください。

習慣として、退勤する際はなるべく早目に切るようにしておくと良いでしょう。

さらに、定期的に記録をチェックし、不正にカードを切っていないかも確認すると良いです。