タイムカードは中小企業の勤怠管理で活躍

subpage01

従業員が数名のような事業所の場合、勤怠管理は難しいことではありません。しかし、数十名規模になりますと、人が勤怠管理するのではなく、ある程度の仕組みを利用した方が効率的ですし、確実な管理ができることになります。
そんな際に利用すべきがタイムカードの仕組みです。入退出時にカードを専用のカードリーダーに挿入すれば、時間が打刻されるという単純なものです。
しかし、カードリーダーには、データが保存されていますから、そのデータを加工することによって給与計算や有給休暇の管理などを効率的にできます。
数千名もの従業員がいるような大企業では、タイムカードでの勤怠管理ができませんので、現在ではICチップを利用した従業員証を発行し、勤怠管理はもちろん、セキュリティ対策などでも活用しています。

朝日新聞デジタル情報を見つけましょう。

機密文書があるような部屋や精密機器を取り扱い清潔な環境でなければならない場所、利用権限定められている場所などの入退室にも利用ができます。

ICカードでのデータが重要な意味を持ちますので、保有する各自はしっかりと管理しなければなりません。

紛失などをしてしまいますと、悪用される可能性が高いのです。

暗証番号で管理することも多いので、定期的に暗証番号を変えるなどの対応をする必要もあります。



タイムカードは打刻漏れが多く、雇用主と従業員でもめることがあります。
残業をしても打刻忘れをしてしまいますと、残業代が支払われない場合もありますし、逆に残業もしていないのに他人に打刻してもらうことにより、不正な給料を受けることになるケースも考えられるのです。